車買取と下取りどっちがお得

車を下取りと車買取ではどちらがお得なのでしょうか。買取よりも下取りのほうが有利となる場合があります。それはディーラーが扱っている車の場合です。

ディーラーは扱っているメーカーの車は大事にしたいという気持ちが働きます。また、自社の車のほうがメンテナンス整備をするにしても費用がかかりません。ですから、車を新車に入れ替えるとき、そのディーラーで扱っている車であるなら下取りしたほうがお得となります。

反対に、他社のメーカーの車の場合は査定額が安くなることがあります。メンテナンス整備をするにしても他社の車の場合情報が少ないですし、部品交換をするにしても他社からの購入のため高くつくことがあるからです。

車買取会社が車を売るなら有利になることがあります。特に、その車買取会社が得意としている車を買い取る場合はそういえます。車買取会社によって得意分野が異なることがあります。例えば、軽自動車に熱心な買取会社の場合は、軽自動車の買取には力をいれます。

高級車に力を入れている会社であれば、高級車を少々査定額を高くしても買い取ろうとします。また、買取会社の中にはキャンペーンを行ない買取強化を図ることがありますので時期的に有利になることもあります。このようにどちらが有利なのかは一概にはいえません。実際に価格を見比べた上でどちらを利用するかを決めることができます。

買取額アップの人気・不人気のカラー

中古車買取りの場合意外な事が査定額に影響します。それはボディーカラーです。新車の場合はどの色でも価格は同じですが中古の場合は査定額が違ってきます。と言うのも人気と不人気の色があるからです。

やはり同じ使用年数で同じ条件だったとしても自分の好きな色を選ぶものですので人気カラーのほうが売れやすく在庫を抱えるリスクも少ないため高額査定になる傾向があります。

それに対し人気のない色はなかなか売れないため同じ条件の他の色の車よりも安くお得にしなければいけません。車買取のチェックポイント、車そのものの価値ではなく需要も影響すると思っておいてください。

それではどのような色がいいのでしょうか。一般的に車の色は黒がいいという方が多いのですが、実は車種によって違いがあります。例えばステーションワゴンなどの場合は黒が好きな人が多くカラフルな色は不人気になります。

しかし女性が主に利用する軽四自動車の場合はピンクもそこそこ需要があるのです。ただ女性向けの車にはトレンドがありますので新車で購入した時には需要があっても売るときにも需要があるという保証はありません。どのような車でも黒は無難ですので、もしも将来売ることを考えているなら黒を選ぶのがいいでしょう。

車買取前に車検は通した方がよい?

車検が切れるタイミングで車を売る方が大勢います。やはり、10万円以上の整備点検及び法定費用が発生しますので、その前に新しいクルマに買い替えたほうが得だと考えるわけです。しかし、車買取価格に関していえば、車検が少しでも残っているほうが高く買い取ってもらえる可能性があります。

それは中古車の購入者の立場になればわかることですが、車両価格にプラスして整備点検費用や法定費用を支払わなければならないというのは勿体ないと敬遠されがちで、それが買取価格にマイナスの影響を与えてしまう可能性があるからです。

ただ、買取価格にマイナスになるからといって、車検を通してから売ったほうが良いのだろうかと考える人もいるかもしれませんが、かかった費用ほどに車買取の査定額に反映されないので、切れているのなら、そのままの状態で売る方が良いでしょう。

また、売却のタイミングを車検に合わせていると、本当にほしいクルマがこのタイミングでないかもしれません。ほしくもないクルマを購入するのは最も勿体ないことです。このようなことから結論として言えるのは、あまりプラスやマイナスの影響を意識しないで、売りたいタイミングで売ることです。

キズは直した方が査定にマイナスにならない

車買取業者の査定を受けるとき、洗車とワックス、コンパウンドなどで外観をキレイにしておくことが大切です。キレイにして査定を受けることはマナーですし、評価額のアップにもつながります。洗車しておくだけで、1~2万円は影響してくると言われるほどです。

コンパウンドで消せるキズに関しては、自分で補修して消しておきましょう。新車の状態に近いほど高く売れるので、直せる部分は直したほうがいいのです。ただし、業者に依頼しないと直せない場合、修理費用のほうが高くなる可能性があります。

プロの修理を受けてから売却する場合、修理代分の評価アップは期待できずマイナスになることが多いです。

プロに任せれば車の外観をピカピカにできますが、相当な費用がかかります。外観がキレイであるほど車買取業者は愛車を高く評価してくれますが、修理業者に依頼してまで直すならば放置しましょう。キズを消して高く売却できても、それ以上に修理費用がかかれば損なのです。

修理に3万円かかったとしても、査定額が3万円アップすることはまずありません。1万円しかアップしてくれないなら、2万円分は損をする計算になります。

車買取業者は自社にて格安修理が行えるので、売り手は現状のまま売却したほうがいいのです。洗車、ワックスがけ、コンパウンドによる磨きを行っておけば完璧です。